人気の自毛植毛は注意点もあるからしっかり相談して決めよう

サイトマップ

植毛

自毛植毛を行う人のメンタル面について

自毛植毛は手術を行う前にカウンセリングを行います。この行為の意味は、自毛植毛を行うにあたり患者と医師とのコミュニケーションをとることが理由の主たる部分です。自毛植毛を希望している人はメンタル面に傷をおっている方も数多く存在し、医師はこのような方々とのコミュニケーションを取り、自毛植毛手術の説明をし、患者が手術を受けられる状態にあるのか事前に確認する大切なプロセスなのです。
患者から薄毛が気になり始めた時期や、自身の頭皮についての悩みを聞き出し、それらを総合的に分析して患者に最善の手術方法を提案し実行します。患者の頭皮をチェックし、植毛に必要な手術回数を決めていきます。自毛植毛を行う場合には、患者の後頭部から毛髪を含めた皮膚を採取する必要があり、これらに抵抗を覚えるのであれば、人口の毛髪を使う方法か、手術自体を中止しなければなりません。
頭髪の問題というのは心身ともに傷つきやすい話題であり、男性ホルモンが急増する30代以降は薄毛になりやすい事もあり、カウンセリングは綿密に行わなければなりません。カウンセリングをおざなりに行うようなクリニックは医師の腕が甘い事が多く、必要なプロセスを踏んでいないので信用なりません。違うところを探すくらいの気持ちで強気にクリニックに望んでください。

FUE法で自毛植毛をする時の注意点

自毛植毛の手術を受ける時はメスを使用するFUT法とメスを使用しないFUE法がありますが、頭皮へのリスクを考えるとFUE法を選択して自毛植毛の手術を受ける人が多いです。メスを使用しないので頭皮に傷をつける必要がないメリットがありますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そ…

頭皮に傷跡が残る自毛植毛

自毛植毛は、男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部から側頭部にかけて生える髪を、薄毛が進行している箇所に移植する技術となります。そのため、移植する際に頭皮に傷が入るので、施術した跡は傷跡として残ります。また、自毛植毛はドナーを採取する時は皮膚ごと髪を採取します。その影響により、ドナー採取した箇所…

薄毛を解消できる自毛植毛とは??

自毛植毛は、薄毛が気になる箇所に自分の髪を移植する治療法になります。この時、自毛植毛で移植する髪は男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部の髪となるので、移植できる髪の量には限りが存在します。また、薄毛が進行している箇所に周囲の細胞ごと髪を移植するため、移植された髪は男性型脱毛症の影響を受けません…