人気の自毛植毛は注意点もあるからしっかり相談して決めよう

サイトマップ

植毛

頭皮に傷跡が残る自毛植毛

自毛植毛は、男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部から側頭部にかけて生える髪を、薄毛が進行している箇所に移植する技術となります。そのため、移植する際に頭皮に傷が入るので、施術した跡は傷跡として残ります。また、自毛植毛はドナーを採取する時は皮膚ごと髪を採取します。その影響により、ドナー採取した箇所は刈り上げたり、坊主頭にしたりといった短髪にすると頭皮の傷跡が見えることになります。とはいえ、あまり短髪にしない人にとっては、自毛植毛で後頭部に傷跡が残っても気にしないとされています。
さらに、自毛植毛を受けても強制的に短髪になるわけではありません。なぜなら、自毛植毛を受ける前に予め短髪にしておくことにより、ドナーを採取する際に髪が邪魔にならないからです。そのため、植毛した後は髪を伸ばしても、今後の生活には特に悪影響を与えません。また、自毛植毛でできた傷跡は、植毛してから半年経てばかなり目立たなくなります。
ちなみに、自毛植毛の中には切らない自毛植毛が存在します。細かく円筒状になった器具で毛根と髪をくり抜くので、ドナーを皮膚ごと採取する必要がありません。なので、頭皮に傷跡が残らない上に、残ったとしても目立ちにくい斑点上の傷が残ることになります。薄毛が気になる箇所に髪を移植する自毛植毛は、メスで切開して移植するストリップ法が一番頭皮に傷跡を残す自毛植毛とされています。

FUE法で自毛植毛をする時の注意点

自毛植毛の手術を受ける時はメスを使用するFUT法とメスを使用しないFUE法がありますが、頭皮へのリスクを考えるとFUE法を選択して自毛植毛の手術を受ける人が多いです。メスを使用しないので頭皮に傷をつける必要がないメリットがありますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そ…

頭皮に傷跡が残る自毛植毛

自毛植毛は、男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部から側頭部にかけて生える髪を、薄毛が進行している箇所に移植する技術となります。そのため、移植する際に頭皮に傷が入るので、施術した跡は傷跡として残ります。また、自毛植毛はドナーを採取する時は皮膚ごと髪を採取します。その影響により、ドナー採取した箇所…

薄毛を解消できる自毛植毛とは??

自毛植毛は、薄毛が気になる箇所に自分の髪を移植する治療法になります。この時、自毛植毛で移植する髪は男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部の髪となるので、移植できる髪の量には限りが存在します。また、薄毛が進行している箇所に周囲の細胞ごと髪を移植するため、移植された髪は男性型脱毛症の影響を受けません…