人気の自毛植毛は注意点もあるからしっかり相談して決めよう

サイトマップ

植毛

頭皮の健康と自毛植毛について

植毛でお困りの男性にアスク井上クリニックのご紹介です!
植毛は人生を明るくしてくれるのです!痛みのない治療で多くの方にご利用されているクリニックです!男性の悩みを解決してくれるクリニックですので、まずは相談をしてみませんか?


自毛植毛による頭皮への定着率は、基本的に95%とされていますが、頭皮の環境が悪いと定着率が低下します。頭皮の環境が悪い状態で定着率が2割を下回るなら、自毛植毛を受けても薄毛対策として施すことができません。また、自毛植毛は頭皮を切開したり、機械で行う植毛方法といったように植毛方法が多く存在しています。その影響によって、自毛植毛による移植した髪の定着率は9割を超えるのが一般的とされます。
なぜなら、自毛植毛は採取した髪と毛根を、生きた新鮮な状態で移植する技術が確立されてきているので、定着率が安定して高いからです。とはいえ、頭皮の環境が悪いと定着率が低下するので、日頃から頭皮ケアを欠かさず行うのがポイントとなります。また、自毛植毛はドナーを採取してから移植するまでの保存時間が短いので、ドナーの自滅による定着率の低下が抑えられています。
そのため、自毛植毛はドナーが生きた状態での髪の移植が可能となるので、人工毛から自毛植毛に変わった事で定着率が高まっています。さらに、自毛植毛で移植した髪は半永久的に生え続ける上に、男性型脱毛症の影響を受けにくくなります。定着率が低下している状態で受けるのはお勧めされていない自毛植毛は、頭皮の環境が健康であれば植毛しても抜け落ちるという事態を防げます。

ニードル法による自毛植毛

自毛植毛の1つであるニードル法は、1992年に韓国で誕生した植毛方法となります。ニードル法は細い専用の植毛針を使って穴あけと植え込みを同時に行える上に、植毛針を開発した人の名前からchoi式と呼ぶこともあります。人の手で行う自毛植毛となるFUE法とストリップ法は、複数本生えている毛穴の周囲の組織をドナーとして使います。けれども、ニードル法は毛髪の一本一本をドナーとして使用するのでドナーの品質を高めることができます。
また、ニードル法は植毛針で穴あけと植え込みを同時進行できるので、ドナーを採取する工程が少なくなります。さらに、移植した後は一本一本が細い髪になるので、生え際を自然に仕上げる他にも、使う針が細いので移植痕が目立ちにくくなります。ちなみに、自毛植毛を行うにあたって髪の毛の移植密度に限りがあります。その上、ニードル法だと移植できる髪の毛の種類が限られるので、移植できる髪は細い一本毛になります。
なので、ニードル法で移植しても地肌が見える状態となるので、毛量がしっかりある状態とは程遠くなります。それに加えて、ニードル法は医師の手によって一本一本髪を移植することになるので、医師の負担が大きいため料金が高額です。ニードル法は、FUE法とストリップ法と同じ医師の手で行われる自毛植毛となります。

医師の手で行われる自毛植毛であるFUE法

自毛植毛の1つのやり方となるFUE法はダイレクト法とも呼ばれていて、ドナー採取とホール作成をした後に髪を移植する植毛方法となります。ちなみに、同じ医師の手で行う植毛方法であるFUT法と異なるのは、1mm前後の口径のチューブ型のパンチを使います。FUT法はメスを用いますが、FUE法ではメスで頭皮を切開することはしません。ちなみに、FUE法でマイクログラフトを採取したら移植したい箇所に毛穴を作成することにより、ドナーを植え込むことになります。
FUE法は、男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部から側頭部にかけて生える髪を、移植する箇所に合わせて種類を選んでドナー採取する事が可能となっています。また、FUE法は毛穴が無くなった箇所でも毛穴を作成することで植毛を行えるので、希望に合わせた施術を受けられます。FUE法は他の植毛方法と比べて、採取するドナーの大きさと移植先の毛穴が均一で仕上がりが良いとされます。
他にも、FUE法はメスを使わない植毛方法となるので、FUT法より手術痕が目立たないだけでなく施術後の痛みを抑えることもできます。とはいえ、FUE法は大量にドナー採取かできないので、大量植毛には向いていない植毛方法となります。頭皮を切開しない自毛植毛となるFUE法は、施術による痛みと傷跡を抑えれますが、医師の負担が大きい植毛方法になっています。

FUE法で自毛植毛をする時の注意点

自毛植毛の手術を受ける時はメスを使用するFUT法とメスを使用しないFUE法がありますが、頭皮へのリスクを考えるとFUE法を選択して自毛植毛の手術を受ける人が多いです。メスを使用しないので頭皮に傷をつける必要がないメリットがありますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そ…

頭皮に傷跡が残る自毛植毛

自毛植毛は、男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部から側頭部にかけて生える髪を、薄毛が進行している箇所に移植する技術となります。そのため、移植する際に頭皮に傷が入るので、施術した跡は傷跡として残ります。また、自毛植毛はドナーを採取する時は皮膚ごと髪を採取します。その影響により、ドナー採取した箇所…

薄毛を解消できる自毛植毛とは??

自毛植毛は、薄毛が気になる箇所に自分の髪を移植する治療法になります。この時、自毛植毛で移植する髪は男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部の髪となるので、移植できる髪の量には限りが存在します。また、薄毛が進行している箇所に周囲の細胞ごと髪を移植するため、移植された髪は男性型脱毛症の影響を受けません…